ようちえんブログ

園長だより: 2017年7月

2017年7月19日 1学期終業式 園長だより

藤幼稚園のご父母のみなさまへ

きゅうり、なす、トマトにじゃがいも、ズッキーニ…等々の夏野菜が並び、その横にカブトムシにクワガタが子どもたちの興味を一心に集めています。いよいよ夏本番、うだるような暑さが始まりました。皆様、いかがお過ごしですか?
本日、1学期終業式を行い、夏休みに入りました。海へ山へ…ご家族、お友だちで楽しい夏の時間を過ごされ、いい思い出をたくさんつくって下さいね。また、ご父母さまにおかれましては、子どもと過ごす夏休みの時間、大変なことも多くあると思いますが親として伝えること、教えるべきこと、この機会にしっかり伝えましょうね‼
この夏が、お子様の育ちに大きく役立つことを願っています。Be Happy!!

≪行事の3D体験⁉≫
先日の7月7日、七夕の日に年長さんは、園バスで阿豆佐味天神社へ七夕飾りを見学に行きました。神社に着き、本殿前にてお参りをしてから、参道に飾ってある自分の短冊を見つけては、改めて願い事を確認し、再び思いを込めて祈っていました。当日お越し頂きましたご家族の皆様には、暑い中、本当にありがとうございました。短冊の子どもの願いをみて、改めて子どもの思いを感じて頂けたものと思います。そして、園に帰り、笹舟をつくり、たらいや井戸の池に浮かべてみたり、園庭側のガラス戸にぐるっと一周、帯状の水色のひもで表現した天の川をつくり、そこに子どもたちの手形をたくさん飾ってみました。また、七夕にちなみランチのメニューは、五色の短冊を模した七夕そうめん、さらに、この日はランチの時間中、ずっと七夕の歌『たなばたさま』を流しました。♪ささのは、さあら、さら・・・
この日のランチの時間は、各クラスいつもよりどことなく静かに感じました。おそらく、子どもたちも、ゆったりした雰囲気でそうめんを味わえたことと思います。
改めて、このような、七夕飾り、笹舟、五色のそうめん、天の川、たなばたさまの歌…伝統行事の立体的体験というか?多重化体験?3D化体験?を通した日本文化とのふれあいが、子どもたちの心に伝わり、育ちに役立つものと思いました。そして、こういう多面的な行事や文化体験は今後とも行っていきたいですね。多面的に物事を見ること、体験すること、それがやがて理解につながるものと信じています。何より、楽しいですものね。
私の好きな言葉に『知より、好、好より楽』というものがあります。人が一番力を発揮する根源について中国・孔子が言っている言葉です。物事を知っている、つまり知識が多いというよりも、その物事を好きでやっている人には勝てない、さらに好きだという人よりも、その物事を楽しんでいる人にはかなわない、と言う意味です。幼児期の育ちの場面、学び方は、逆で『楽、好、知』。物事に興味を持ってを楽しむ、楽しいからそれを好きになる、そして、もっと知りたくなり、さらに知識が増えていく・・・という流れですかね。2学期、秋も様々な場面で、この3D行事体験を子どもたちの育ちに活かしていこうと思います。
 わたしの稚拙な体験で思い当たる複合体験は、あんドーナツパンを食べ、牛乳を飲むと第三の味になるとか?・・・昔、懐かしの3D体験というところですかね。(笑)
≪浴衣に甚平、日本文化体験で育つ≫
夏休みになると幼稚園ではプールにインターナショナルサマースクール、ディキャンプ、イングリッシュアドベンチャー、夏の長時間保育・・・様々な活動が行われ、毎日、元気な子どもの声が聞こえます。そして、9月からの始まる2学期への準備と心構えづくりとしての夏期保育、そして、みんなが練習した踊りを舞台で踊ったり、お化け屋敷、金魚すくい等々で楽しむ、夏まつりがあります。
お友だちは、それぞれの夏まつりの姿で登園して来ます。やはり、浴衣姿が多いし、夏まつりの風情にはピッタリだと思います。調べてみると、浴衣はもともと「湯帷子」(ゆかたびら)と言って、平安時代の貴族が湯浴みの時に湯気や汗を拭きとる衣としていて、その後、時代とともに変化して、木綿地の浴衣が大衆に定着し、普段着となったとのことです。まぁ、お風呂には入りませんが、汗を拭きとる効果は役立つものと思います。私は、動きやすさから、毎年、甚平を着ています。なんで甚平と言うのか?気になって調べてみました。甚平は、甚兵衛とも書き、甚兵衛羽織に由来。甚兵衛羽織は、下級武士向けの木綿わたが入った袖なし羽織で陣羽織を真似てつくられた雑兵用陣羽織です。つまり、「陣羽織」が「陣兵羽織」になり、「甚兵衛羽織」から「甚兵衛」、そして「甚平」となったのです。甚平さんが作ったという説もあります。また、もし、そうならば、一度、甚平さんにあって見たかったですね。(笑)新しいものを生み出す人は、大変興味があります。どんな発想をしているものか?
衣類の歴史は、人々の生活文化の歴史そのもの、幼児期での浴衣体験、甚平体験、お祭り姿・・・衣類で日本文化に触れて、よい経験にしてほしいと思っています。

≪素直を育てたい、夏‼≫
 私はセミナーや研修会に参加する時、席はいつもホワイトボードがよく見え、話がよく聞こえる最前列の真ん中に座ります。一番前だと何か…質問等々で指される感があり、しり込みしがちですが、もし、最前列で質問され答えられなくても分からないから講演を聞きに行っているので、そんなことを気にしないでよく聞いた方が得です。
ある講演会で、前の方に人が少なく、後列のほうに着席している方が多い(よくある光景)会場がありました。その講師の方が言いました。「前の方に、座っている人は大丈夫ですが、後ろの方に離れて座っている人が心配です」と言い、後方の人たちに前に来るようにお願いし、皆さん移動してくれました。そして、このように、「そのままにしておかないのが教育です」と一言。教育の真髄かも知れません。
講演内容は、『人は、人によって、人になる』(ヒトは、教育によって、人間になる)カントの言葉を用いてのお話しでした。伸びる人と伸びない人の違いは、ただ1つ、素直か?素直じゃないか?の違いだそうです。子ども教育の大前提は、健全な人間として育成させるべく、人生の根本的、本質的で単純明快な原理、原則を教え込むべきであり、「嘘をつくな」「駄目なことは駄目なのだ」という基本が大事と言われました。私の子どもの頃は、『嘘は泥棒の始まり』とよく言われました。そして、結局、親の言うことを聞く子どもが素直で伸びると永い経験からお話しされていました。素直な心は、あいさつ、感謝の言葉ありがとうから…心を育てる夏でもありたいですね。
平成29年度 1学期終業式 園長だより vol . 182 (2017.7.19)
by 園長 加藤積一 | 2017年7月19日 10:15 | 園長だより

2017年7月3日 園長だより

藤幼稚園のご父母のみなさまへ

正門横のヤマモモの木に、今年もたくさんの赤い実がなりました。甘ずっぱくて、ケーキのトッピング等に使われるヤマモモは、高級食材だそうです。手の届く高さに実っていますので、できるだけ赤黒くなっている実を選んで自由に食べてみて下さい。農薬や肥料の散布等々、何もしていない状態で、心配はいりませんが、念のため近くの水道で洗うことをお勧めします。樹木から実を取って食べる…なんて経験はあまりできないこと、甘ずっぱい体験⁉ 親子でどうぞお試しください。
皆様、いかがお過ごしですか? 梅雨時、体調を崩しがちです。ご自愛頂き、来るべき夏に備えましょう‼子どもたちの夏のパワーについていくために・・・。

先日の家族参観日には、多くの皆様にお越し頂き、ありがとうございました。
お子さまの席に座り、ゲームや制作を通して、子どもの育つ時間を楽しんで頂けたと思います。また、子どもが作ってくれたプレゼントは一生の宝物になったことと思います。こんな親子の触れ合う時間をこれからも様々な場面を通じてつくり、ご家族の大切な思い出となってもらえたら…と思っています。どうぞよろしくお願いします。 

真夏はすぐそこまで来ていますが、今はまだ梅雨の真っ最中で、じめじめ、しとしとの日々が続いています。梅雨と言うとどうしてもネガティブなイメージを持ちますが、きれいな紫陽花の花も見られるし、きれいな傘や長靴も履けるし、ましてや、この梅雨を受けて木々の緑が一段とその濃さを増し、雨に濡れた葉っぱは、生命の息吹さえも強く感じることが出来ます。今、正門に園長あいさつとして『長ぐつ、雨傘、雨がっぱ、子どもが育つ道具です』と掲示し、梅雨だからこそ育つもの、長ぐつや傘など、子どもにとって少し扱いづらいものを通して、それに慣れるように子ども自ら工夫することこそが、子どもの育ちには大切、とお伝えしています。
極端な言い方ですが、便利な社会、子どもたちは快適に過ごせるような社会環境になっています。だからこそ、子どもたちには少し困らせることが大事だと思います。
困らせて、気づき、考えさせて、工夫させ、行動させる・・・この繰り返しで子どもは、自立していくものと思っています。意外にも“子どもを困らせること”子育てのキーワードになれるかも?知れませんね。

≪集中力の源は、モンテッソーリ教育≫
プロデビューから無敗を続け、昨夜残念ながら負けてしまいましたが、29連勝を達成された藤井聡太四段、大変注目されていますが、実とはモンテッソーリ教育を受けていたとのこと、正直、驚きました。以下、新聞記事ですがお伝えさせて頂きます。(日刊スポーツ6/27紙面参照)
モンテッソーリ教育はイタリアの女性医師マリア・モンテッソーリが20世紀初頭に確立した。国内第一人者の滋賀大教育学部元教授の相良敦子さん(79)によれば「ハートバッグを作るときには色紙の組み合わせを考えて分けたり、合わせたり、比べたりします。指先を動かしながら脳を使います。」子どもは自分から「やりたい」という出発点があれば、何度も繰り返し、黙々と何時間も集中するという。
藤井さんの場合も「できたという達成感を得て、また別の色の1枚、もう1枚と何時間も集中していたのでしょう。集中した後は自立のレベルが高くなっていきます」興味の対象が移っても、培われた集中力は発揮される。4歳のときには立体迷路のスイスの木製おもちゃ「キュボロ」、5歳の夏からは将棋に夢中になった。
モンテッソーリ教育を受けた子どもたちを追跡調査した相良さんは藤井さんの戦いぶりを注意深く観察し、「あの集中力と直感力。追い詰められたときでも状況を見渡し、臨機応変に対応する力。調査した子どもたちと共通する特徴が多いですね」
幼児期にモンテッソーリ教育を受けた人の中からは、米マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏、アマゾンの創設者ジェフ・ベゾス氏らユニークな人々が生まれている。ITの世界で天才と呼ばれる彼らは世界に革命的な変化をもたらした。デビューから無敗で新記録を達成した14歳。将棋界の未来を「天才」が背負っている。【松浦隆司】

急きょ、ふじようちえんでも、その昔、子どもたちが遊んでいた手作りの将棋盤を出してきて、モンテッソーリライブラリーに置いてみました。確か?当時の子どもたちは高さ約20cm将棋盤の上からジャンプして遊んでいました。知らないとは言え、なんと罰当たりな遊びだったのでしょうか。私たちも藤井四段にならって、取ってつけたような環境づくりですが、楽しみたいと思います。

≪江戸時代の子どもの食べ物は?≫
ある大学で、『江戸時代の子育て、現代の子育て』というテーマでのシンポジウムのご案内を頂きました。そう言えば、随分前に単純に『江戸時代の子どもたちは何を食べていたのだろうか?』と言う疑問が浮かび、当時、参考文献を調べて、ランチメニューとして、食べたことを思い出しました。玄米ご飯に、お味噌汁、ヒジキの煮物、千切り大根の煮つけだと憶えています。そこで、再度調べてみると、より具体的な子どもの食環境が分ってきました。
庶民の多くは長屋に住み、朝に1日分のご飯を炊いていました。朝食は、ごはん、味噌汁に漬け物程度。味噌汁の具は、「しじみ」「わかめ」「豆腐」「野菜」など。子どもたちは朝に寺小屋へ行き、昼になると家に戻って、母親と朝に炊いたご飯、味噌汁、野菜の煮付け程度を食べ、再び寺小屋へ行き、午後2時頃に帰ってきました。そして、3時頃に「おやつ」。焼き芋や餅などです。夕食は、一汁一菜が基本。米飯は高価で、粟、ひえ等々を食べていました。蕎麦、うどん、寿司は、大変な贅沢だったそうです。
江戸の子どもの食卓に思いを馳せ、貧しかったとは思いますが、そこには家族の会話があり、笑顔があり、あったかさを感じました。反して、飽食の時代、すれ違いの食卓や個食等々の現代の食風景…本当の豊かさとは?…を考えさせられました。
マザーテレサさんが、初来日した時、日本の街並み、建物、服装、すべての『きれいさ』にびっくりされたそうです。しかし、『きれいな家の中、親子の会話、夫婦のいたわりあい、微笑みがないとしたら、インドの小屋の中で仲睦まじく暮らす家族の方が豊かです』と言っています。 『きれいさは、お金で買えるが、心の美しさは買えない』、豊かさとは何か?自分の生活をもう一度見つめてみようと思いました。

園長だより vol . 181 (2017.7.3)
by 園長 加藤積一 | 2017年7月3日 10:26 | 園長だより